masimoとmasimoのブログ

音楽聴いたり作ったりDJしたりしている人ですが、レトロアニメと呼ばれるものが大好きです。主に音楽やDTM関連、アニメやweb漫画辺りについてだらだらと綴って行くであろうblogです。

Retro Animeの曲 「ロ・ロ・ロ・ロシアン・ルーレット」

完璧なオープニング

f:id:masimotomasimo:20170925000959j:plain

 

どうも、masimoです。

「最高」とか「神」とかそんな表現が最近の巷にはたくさん溢れてるじゃないですか?皆さんはそんな風潮ってどう思われているんでしょうか?

ちなみにですが僕はそれでいいと思っています。

 てゆーか細々と「ここが良い」だの「このテイストが云々」とかいった所で

別にみんな聞ーてないじゃん?

 一言で感想を表現ができるならそれはそれで非常にわかりやすいわけで。

わざわざ、「すごーい。滑らかな動画に乗った上質な色彩のセンスが虹色のハーモニーを奏でてる。」とかグルメレポート風に言ったってワケがわからなくなる上に、そうなると批判するときは「この動画を作ったシェフを出してくれ。この動画は出来損ないだ!」「貴様はまだそんなことを言っておるのか◯郎」「なにい?貴様、◯原雄山!!」までがセットになって結局「究極」か「至高」かの争いになって

 ならない

 

 

 

で、話を戻すと結局は感想なんてーのは「最高だ」で充分だと僕はですが思うんですよ。細々した説明は大事ですがやっぱり「最高だ。」に愛がなければスーパーヒーローじゃないんです。愛が伝われば充分だと思うんです。

 

てな訳で無意味に長くなってしまったんですが、

ダーティペアのオープニングは最高です。 

最高です。

もう、これでもかとばかりに作品の魅力がぎゅっと詰まったオープニングなんですよ。

「こんな感じでストーリーが展開していくんだろーなー。」なんて、主人公のケイとユリが、「カッコよくて可愛くてコニカルでワイルド」なことがもう、これだけ見たらわかっちゃう。ムービー自体も今見ても、すっごいおしゃれ!

 

さらに中原めいこさんが歌う曲も、もちろん最高で冒頭の「ロ・ロ・ロ・ロ」で「きた!!!!」とテンションを上げられて、ベースラインもバッキバキのグルーヴィな曲調、ちょっとワイルドな印象の歌詞もイメージにぴったりマッチしていてさらにその上、最近EPを手に入れて、これはいつDJで使ってやろうかとワクワクしてるわけで、

もう本当に完璧なオープニング

 

冒頭でなんだかんだと言っておいて結局は細々とごちゃごちゃ語ってしまいましたが、僕の感想の細かい所なんていうのは、つまる所その物に対する愛から溢れでた只々語りたい自己満足みたいな物で、やろうと思えばずっと出来てしまうわけですよ。お約束のケイ派かユリ派か?とか、そういえば忘れてましたしね。やってねーや!そう!

ユリ派でしたが今はケイ派です。

ちょっとサイコなユリも好きですけど、最近は褐色萌えが強いのでケイ派です。って、はい。ほら。こーやってだらだらしちゃうんですよ。好きなので。なのでやっぱり感想はシンプルでいいと思うんですよね。

 

つまりは結局

ダーティペアのオープニング最高

 

 

ダーティ・ペア

ダーティ・ペア